前へ
次へ

腰痛の原因を探ってみよう

腰痛と一口に言っても、突き詰めて原因を調べてみるとそれぞれ内容が異なることがあります。まずは原因を探ってみることが大切です。原因によって治療法も違ってきます。特に年齢を重ねてくると誰でも腰に違和感が生じることはあるものなので、ある程度の年齢になったら体をいたわることが大切です。例えば、仕事で重たい物をよく運ぶという人は要注意と言えるでしょう。日頃から腰に負担をかけているので、どうしても痛みが生じやすくなります。若い頃は若さでそれが出ていなかったもの40代になった途端、痛みが生じるようになったという人も少なくありません。老化現象によってこれまで出なかったものも目立つようになってくるものなのです。仕事柄の痛みなら、これはなかなか改善することはできません。それならそれで何か対策を練る必要があるでしょう。まずは専門医に診てもらうことをおすすめします。腰痛の原因が重たい物を運ぶことにあるのなら、それを休めば改善するはずです。しかし、仕事でそうもいかないというのなら、これは腰にサポーターを巻いたり、整体に通ったりしてなるべく腰の痛みをその都度、改善できるようにするしかありません。実際に整体に通う人は多くなっています。整体院もしくはマッサージに通って、できるだけ痛みが蓄積しないようにしましょう。これをやるのとやらないのとではだいぶ違ってきます。一方、病気が原因で腰痛になってしまうこともあります。その一つに椎間板ヘルニアが挙げられます。このような病気が関係している場合には、病気を改善することが一番です。専門医に診てもらい治療を受けましょう。多くの病気は薬物療法で緩和されるものですが、重度の場合は手術をすることもあります。ひどくならないうちに病院にかかるのが一番です。放置していると症状がどんどん悪化し、歩けなくなってしまうこともあるので注意が必要です。たかが腰痛と侮らないようにすることが一番です。

Page Top