前へ
次へ

腰痛に関しての記事です

腰痛にお悩みではありませんか。腰痛には、整体を受けることを勧められることが多いです。ヘルニアと名の付く腰痛では、青年層と呼ばれる20代や30代に発症することが多いものもあるようですが、これは、その前後の若年や壮年と呼ばれる10代や40代の発症も考えられるそうです。放置しておくと、神経麻痺を起してしまう場合もあります。十分注意をしておきたいところです。足のしびれを感じたら、要注意とされる場合もあるようです。原因は、スポーツによるストレスとされていたりします。検査方法は、MRIなどを行うことになるのだそうです。単純レントゲンや神経根造影などの検査をすることもあるようです。ストレッチを行う治療法や、3ヶ月程度のリハビリテーションを受けることもあるかも知れません。3週間以上の療法を行っても改善がされない場合は、手術を必要とすることがあります。リハビリテーションでは、腰のサポーターを使ったものもあります。

Page Top