前へ
次へ

色んなタイプの急性腰痛がある

ぎっくり腰になれば、リハビリをしても、ひょんなことがキッカケ(引き金)になり、再度、陥りやすい急性腰痛に分類される病気です。しかし、ぎっくり腰には椎間板ヘルニア、椎間関節の捻挫、棘間靭帯の断裂までもが含まれるようです。椎間板ヘルニアを訴える人は少なくありません。訴えの内容は、運動痛であったり、同じ姿勢を長く保てないなどがあります。椎間関節捻挫とは、あまり耳にしない病名です。日常、重いものを前屈みに持ち上げようとした時などに生じるようです。突然、ギクッという感覚とともに腰痛が起こります。この時、椎間板に変性があって、変形性関節症であるなら、加えて中年以降では『ぎっくり腰』と診断されるようです。運動時の疼痛が強く(ズキズキとうずく)、疝棘筋が緊張して腰椎を動けなくさせるのが特徴です。腰を前後屈させると疼痛はさらに強くなります。このように、急性には色々なタイプがあり、診断も難しいものですが、根気よく治す意識で治療に臨みましょう。

Page Top